不断水工法のメリットと仕組み

subpage01

不断水工法とは、水の流れを止めることなく配管の分岐工事が行えるものです。
特に水道の配管に使われるもので、メリットとしては水道工事を行うさいに行わなければならない断水の告知が不要となり、また断水によって出る影響を最小限にするための給水車の手配やまた従来工法による工事完了後の配管内の清掃などの手間が削減できるといったことがあげられます。

特に水道水は家庭からお店、工場などで広く使われており欠かせないもので、断水すること自体が大きな経済的な損失に繋がりますから、不断水による分岐工事は今では周囲に影響を与えないためにも有益な方法となっています。

不断水の情報を掲載しませんか。

不断水工事の仕組みとしては、既存の配管に対してT字型の仕切弁の付いた特殊な配管を装置を取り付けます。この仕切弁を開けた状態で穿孔機を使い既存配管に穴を開けます。


穴が空いた状態ではカッターによって水圧が既存配管内から漏れ出ることはなく、カッターを取り除くさいにも仕切弁が同時に閉まる仕組みとなっているので、漏れ出ることがありません。


穿孔機を外したあとに新しい配管を設置し仕切弁を開けることで、断水することなく給水を完了させることができます。

日本経済新聞ならこちらが人気です。

不断水は本管など口径の大きな配管でも行う事ができるので、断水などの影響を周辺に与えることなく配管の分岐工事を行うことができます。



また不断水の工法は、上水道や圧力の掛かった下水道などの分野だけでなく、石油がガスの配管でも広く使われています。