生活のリズムを変えない不断水工事

subpage1

これまで、水周りの工事が必要となった際は、元栓を閉めて、水の流入を完全に遮断してから行う必要がありましたが、不断水工事の登場により、居住者にとっても、現場の施工業者の関係者にとっても、大きな革命が起こっています。

戸建ての個人住宅であれば、あらかじめ計画を立てて、居住者が、食器洗い、洗濯、お風呂などを行わない時間帯に集中して工事を施工したり、活動時間をずらしてもらうことで、日常生活への影響を最小限にしながら工事を完結することを目指しましたが、集合住宅では、なかなかそのような訳には行きません。
すべての居住者に了解を取り、生活のリズムを変えてもらいながら、水道を使わない時間帯を設定するのは、1回程度ならばいざ知らず、数日にも渡る大規模な工事ならば、何かと忙しい現代だからこそ困難を極めます。



それでも必要があれば、粘り強く説得をし、了承を取り付けなければなりませんでした。しかし、その後の技術革新により、不断水工事が登場することによって、それらの交渉にリソースを割く懸念は皆無となりました。

goo ニュース情報のご紹介です。

居住者は、特に施工時間を意識せず、普段通りの生活をすることができます。

一方、施工関係者は、断水の説明や、工事時間の調整に時間を割く必要が無くなるだけではなく、従来の、あらかじめ約束した断水時間に追われて短時間で済む工法に限定されることなく、幅広い工法を選択が可能となりました。



その結果として質の高い施工へと繋がる不断水工事は、居住者と施工業者双方にメリットのある工法です。

ためになる情報

subpage2

上水道や下水道の配管工事をより効率的に行うためには、配管内の流水を止めることなく作業を行う必要があります。かつては流水を止めて配管工事を行うのが主流でした。...

next

生活をよく学ぶ

subpage3

上水道や下水道の配管工事を水の流れを止めることなく行うことができれば、工事に必要となる時間やコストを大幅に節約することが可能となります。かつてはバルブを開閉して水の流れを止めてから工事を行っていたため、工事現場の周辺では断水が生じました。...

next

納得の真実

subpage4

不断水工事によって配管工事を行うことで、工事に付帯する様々な手間を省くことができます。かつては配管内の流水を停止して作業を行っていたために断水を伴いました。...

next

意外な事実

subpage5

不断水工法とは、水の流れを止めることなく配管の分岐工事が行えるものです。特に水道の配管に使われるもので、メリットとしては水道工事を行うさいに行わなければならない断水の告知が不要となり、また断水によって出る影響を最小限にするための給水車の手配やまた従来工法による工事完了後の配管内の清掃などの手間が削減できるといったことがあげられます。...

next