不断水工事を行う重要性とは

subpage01

不断水工事によって配管工事を行うことで、工事に付帯する様々な手間を省くことができます。

かつては配管内の流水を停止して作業を行っていたために断水を伴いました。

また古いバルブの開閉により赤錆が剥離して配管内の水が赤く濁る現象が生じることが多く、工事の完了後に清掃を行うことが必要でした。

不断水工法の特徴についてをいくつか紹介しています。

配管内の水流を停止せずに作業を行うことで、断水や赤水に対処する手間を省くことができます。本来は上水道の配管工事を行うために不断水工法は開発されましたが、効率的に分岐管やバルブを設置することができるため現在では下水道のバイパス菅や空気弁などを設置する際にも使用されています。
また不断水工事は従来型の配管工事と比較して工事時間を短縮し、少ない費用で行うことができます。

また通水状態のまま作業を行うことができるため営業中の商業施設などでも工事が可能です。

不断水工事を行う方法には割T字管と呼ばれる分割型のT字管と仕切弁、穿孔機を使用して配管に穴を開ける方法と液体窒素により工事部分を凍結させて配管を切断する方法があります。

Yahoo!ニュースに有効なサイトです。

前者は完全な通水状態のまま作業を行うことができ、後者は凍結部分のみ断水が生じますが全体的には通水したまま作業を行うことができます。
デパートなどの商業施設でフロアごとに工事を行う場合には、部分凍結を行う方法が適しています。
穿孔機を使用する場合には、発生した切屑が水圧で外に排出されます。
一方凍結による場合には凍結部分がバルブの代わりとなるため、古いバルブを開閉する必要がなく赤水が発生することもありません。いずれの方法も工事完了後に配管内の清掃は不要で効率性に優れており、現代の配管工事の主流となっています。