不断水工事の種類と特徴について

subpage01

上水道や下水道の配管工事を水の流れを止めることなく行うことができれば、工事に必要となる時間やコストを大幅に節約することが可能となります。
かつてはバルブを開閉して水の流れを止めてから工事を行っていたため、工事現場の周辺では断水が生じました。給水車の手配や事前の告知など周辺住民への対応が求められ作業に入る前に煩雑な手間が必要とされましたが、現在では不断水工事により効率的に配管工事を行うことが可能となっています。不断水工事の大きな特徴は工事時間を短縮し、コストを削減することができる点にあります。



周辺住民への対応の手間も省くことが可能なため効率的です。

毎日新聞の価値ある情報を探してみてください。

配管内の水の流れを止めることなく工事を行う方法には、機械的に配管に穿孔を行うものと工事部分だけを液体窒素で凍結させて配管を切断するものの2種類が存在します。
いずれの方法で不断水工事を行う場合でも、水の流れを完全に停止することなく分岐管やバルブの設置を行うことができます。機械的に穴を開ける方法では割T字管と呼ばれる既設管に取り付けることができる分割型のT字管を設置し、さらに仕切弁を取り付けます。


仕切弁を全開にした状態で穿孔機によって穴を開け、作業が完了したら弁を閉じて穿孔機を外します。

作業時に発生する既設管の破片は水圧によって穿孔機に取り込まれる仕組みです。

この方法では完全に通水したまま作業を行うことができます。



工事に必要な部分を凍結させる方法では、凍結部分のみ水の流れが止まりますが全体的には通水状態のまま作業できます。

また古いバルブの開閉も不要なため赤錆の剥離や赤水発生の心配する必要がないという特徴もあります。